ソニー生命 トップ画像

生命保険の基本

生命保険の基本を教えてください

待ち合わせ

(ご勤務先近くの改札口にて)

店長の矢口
     

佐藤さん、こんばんは。

男性のお客様
     

こんばんは。先日は医療保険の選び方についてのお話、ありがとうございました。

店長の矢口
     

こちらこそありがとうございました!
ではまた、あそこの喫茶店でよろしいでしょうか。

喫茶店

男性のお客様
     

先日の医療保険の話、とても参考になりました。

店長の矢口
     

少しでもお役に立てたのであれば、すごく嬉しいです(笑)

男性のお客様
     

度々で申し訳ないのですが、今日は生命保険のことをお聞きしたいと・・・

店長の矢口
     

全然気にしないでください。

医療保険にしても、生命保険にしても、長い目で考えると大きな支出となります。
保険は、目で見て手で触ることができない商品ですから、納得いくまでご検討してください。

とことんアドバイスさせて頂きますので、何でも聞いてくださいね。

男性のお客様
     

はい。
医療保険もそうでしたが、生命保険もたくさん種類があって、選びきれません(笑)
というか、ポイントを先に聞くのが早い気がしてきました。

店長の矢口
     

そうですね。
生命保険のパンフレットも集め出すとた〜くさんありますからね(笑)

男性のお客様
     

そうなんですよ(笑)
軽い気持ちで複数の保険会社へ資料請求したら、今ではもう山積みです・・・。

店長の矢口
     

では、生命保険の基本的な話からさせて頂きますね。

男性のお客様
     

はい。

基本の形は3つ

店長の矢口
     

パンフレットを集め出すと、それこそ星の数ほどの保険商品がありますが、基本的な形は3つだけです。

男性のお客様
     

3つ?

店長の矢口
     

そうなんです。3つだけです。
これを覚えるだけで、パンフレットの見方が大きく変わるはずです。
覚えておいて損はありませんよ(笑)

男性のお客様
     

難しそうだな(笑)

店長の矢口
     

いえいえ。簡単ですよ(笑)
まずは、終身保険から。

男性のお客様
     

終身保険といえば、先日の医療保険も「終身」の言葉が出てきましたね。

店長の矢口
     

そうでしたね。
終身保険というのは、保障される期間が一生涯続く保険です。

医療保険の話でいえば、高齢になればなるほど、病気やケガの心配も大きくなります。

男性のお客様
     

そうですね。

店長の矢口
     

生命保険でも同じです。

人間はいつか亡くなります。
何歳で亡くなるにしても、葬儀費用のお金は残したいとお考えになる方もいます。

そのような方が終身保険でご準備されていれば、何歳で亡くなられても死亡保険金が支払われます。
それこそ、100歳でも120歳でも150歳でも(笑)

100万円

男性のお客様
     

150歳まで長生きできる時代になったとして、生命保険で葬儀費用を残してくれた。
家族には気持ちは伝わりそうですね(笑)

店長の矢口
     

現時点だと、さすがに150歳は極端な話だとしても、例えば葬儀費用だったり、場合によっては相続税だったり。

万一の際、ご遺族が負担する性格の費用というものもあります。
「人生の最後に家族に迷惑をかけたくない」と考える方には、終身保険をお勧めさせて頂いています。

男性のお客様
     

飛ぶ鳥跡を濁さず・・・ではないですが、葬儀費用くらいは残したい気もしますね。

店長の矢口
     

例えばの話です。
これから年を重ねて、相応の年齢になった将来の話です。
お父様やお母様のことを想像されても良いと思います。

生命保険のご用意もなく、全財産を生前に使い切って亡くなってしまった。
残されたご家族の胸中はいかがでしょう。

亡くなる前の数年間、介護が必要な状態になるかもしれません。
ご家族による介護が必要になり、ご家族の大切なお金と時間を使って・・・

寝たきり

男性のお客様
     

もしも僕の父が、全財産をきれいさっぱり使い切って亡くなった、介護状態を経て・・・と考えると、母の胸中を思えばやっぱり複雑な気持ちになりますね。

父と母のどちらが先か分かりませんし、僕が両親の介護をするかもしれません。
大きな遺産は期待していませんが、最低限の費用くらいは残して欲しいなぁという気持ちはありますね。

店長の矢口
     

将来を見据え、
「何歳で亡くなるにしても、最低でも葬儀の費用などは残しておきたいなぁ」 
こんな風に考える方は、終身保険で備えるケースも多いですよ。

男性のお客様
     

なるほどね〜。

店長の矢口
     

終身保険は、一生いっしょ・・・と覚えておいてください。
次に定期保険。

男性のお客様
     

定期といえば、定期預金。
将来は自分でもお金がもらえるという保険ですよね?

店長の矢口
     

ちょっと、惜しいです!(笑)
定期預金というより、電車やバスの定期券に近いイメージです。

定期保険は、一定の期間内のみ保障が有効という生命保険です。 
その保険期間の満了後に亡くなっても、保険金は支払われません。
掛け捨てです。

男性のお客様
     

私の勘違いでしたか(笑)

店長の矢口
     

定期保険は、一定期間だけ・・・と覚えてください。
例えば、お子さんに対する責任として準備される方が多い保険です。

男性のお客様
     

ふ〜ん・・・?

店長の矢口
     

少し解説しますね。
例えば、お子さんが誕生すると、成人するまでの時間は計算できます。
大学を卒業する時期、独り立ちする時期も、ある程度計算ができます。

男性のお客様
     

確かに。

店長の矢口
     

お子さんが独立するまでの間、教育費や生活費等々に備えたいと考えるなら、定期保険が分かりやすい選択肢かもしれません。

生命保険を考える際は、誰のために残したいか、何のために残したいか・・・を考えていくと、目的がはっきりして選びやすくなりますよ。

男性のお客様
     

何のために保険を準備したいのか。そもそもの話ですね。

店長の矢口
     

最後に養老保険。
養老保険で保障される期間というのは、先ほどの定期保険と同様、一定期間となります。

男性のお客様
     

違う点は?

店長の矢口
     

定期保険は、保険期間が満了すれば保険金は支払われません。
掛け捨てとなります。

養老保険の場合、保険期間が満了するときに(被保険者=保険の対象となる人が)生存されていれば、その保険金額と同じ金額を満期保険金としてご契約者様に支払われます。

男性のお客様
     

あ、これが将来お金が受け取れる保険なわけですね。

店長の矢口
     

はい。
例えばの話ですが、お父さんがお嬢さんの結婚資金を援助したいと考えたとします。
未来の話として、健在だったら援助したい。亡くなっていたとしても援助したい。
こんな考えをお持ちの方なら、選択肢のひとつに養老保険を加えても良いかもしれませんね。

結婚式

男性のお客様
     

僕も援助して欲しいけれど、うちの親はやってなさそうです(笑)

残される人を思い、オーダーメイド

店長の矢口
     

例えば・・・の話ですから(笑)
生命保険に期待すること、用意したい理由はお客様それぞれで違ってきます。

「葬儀費用を残したいな」
「最愛の人に残したいな」
「子どもの教育資金を用意したいな」
「娘の結婚資金を援助したいな」

それらをひとつずつ、3つの保険を使って組み立てていきます。
皆さんの思いにすべて応える、皆さんにぴったりの保険を設計する。
これがオーダーメイドの保険です。

男性のお客様
     

パンフレットを取り寄せてもピンと来なかったのは、加入する目的があやふやな状態で見ていたからなんですね。

店長の矢口
     

そうかもしれませんね。

男性のお客様
     

目的かぁ。現時点だと、一生涯のお葬式代くらいなのかなぁ。
若くても高齢になっても必要になりますしね。

店長の矢口
     

そうですね。
では、もう少し細かな終身保険のお話を・・・

最後に

男性のお客様
     

ありがとうございます。
ひとつずつ整理していくと、モヤモヤがすっきりしてきます(笑)

店長の矢口
     

こちらこそ、長時間ありがとうございました。
また何かございましたら、メールや電話等でお気軽にご連絡ください!

男性のお客様
     

今度、私に合った保険を設計してもらえますか?

店長の矢口
     

もちろん、喜んでご提案させていただきます。

ソニー生命代理店asimomyへ保険相談をする

お客さまのご希望の時間・場所にて、ご相談だけでも承ります(無料)
お客さまがきちんと納得したうえで、ご自身にあった保障をみつけることが大事です。
保険を考えるきっかけとして(株)asimomyをご活用ください。

サブコンテンツ

ソニー生命 代理店asimomy 店主のひと言コメント

  • ソニー生命 代理店asimomy 相談の雰囲気【学資保険の選び方】

    学資保険用赤ちゃんの写真

    「子どもができたら学資保険だよね!」とお客様からご指名をいただくケースも多いです。
    お子様の将来の希望について、パパ・ママのお話を聞かせてくださいね。

    学資保険は、提案する我々もお客様からハッピーを分けてもらえ、とても嬉しい気持ちになれる商品です。

  • ソニー生命 代理店asimomy 相談の雰囲気【働けなくなるのが心配】

    車いす

    「病気やケガで働けなくなることが心配だ」とお考えになる方が最近増えています。
    健康保険制度や障害年金の制度などの公的な保障制度をご説明しますので、その不安についてソニー生命 代理店asimomyと一緒に考えませんか。

  • ソニー生命 代理店asimomy 相談の雰囲気【パパの生命保険】

    例えば「私に万一の際でも、子の教育費と家族の生活費は、給料に代えて毎月家族へ届けたい」とお考えになる方には、そのご意向に沿った商品もご用意しております。

    「天国に行っても、家族の生活を守りたい」と考えるそのお気持ち。
    ソニー生命 代理店asimomyは、そのお気持ちを大切にして生命保険を提案しています。

ソニー生命の公式サイトではありません

●ソニー生命の公式サイトではありません。ソニー生命を取り扱う募集代理店(株)asimomyのWEBサイトです。
●閲覧対象者を日本国内に限ります。 また、サポートできる地域は、主に関東地区です。
●当ウェブサイトは、いくつかの外部サイトへリンクされている場合がありますが、リンク先の内容について責任を負うものではありません。

このページの先頭へ