• 相談の雰囲気
  • 学資保険の選び方
  • 学資保険の選び方

    学資保険の選び方を教えてください

    待ち合わせ

    (お客様のご自宅にて)

    店長の矢口
         

    赤ちゃん、おめでとうございます。

    男性のお客様
         

    ありがとうございます。
    知人が学資保険に加入したと聞きました。

    特定の保険会社の学資保険というわけではなく、
    学資保険全般のことを詳しく教えて欲しくて・・・

    学資保険の特長と考え方

    店長の矢口
         

    ありがとうございます。
    学資保険って、提案する我々もハッピーを分けてもらえ、とても嬉しい気持ちになれる商品です。

    では、特定の保険会社の学資保険に限定せず、学資保険の押さえるべきポイントを簡単に整理していきますね。
    学資保険といえば、第一のポイントは・・・

    男性のお客様
         

    将来の教育資金を計画的に作っていくことです。
    そうなると、返戻率の高さが気になります。

    店長の矢口
         

    さすがです(笑)
    返戻率は、少しでも大きい方が嬉しいですよね。

    第二のポイントは、ご契約者の方に万が一のことがあった時、その後の保険料の払込が免除される、という点になります。
    この点が学資保険の最大のメリットであり、普通の預貯金などで積み立てする事とは大きく違う点です。

    男性のお客様
         

    そうですよね。
    僕にもしものことがあっても、この子が進学を希望するなら進学させたいと思っています。
    だから、学資保険なのかなぁと考えていました。

    学資保険と生命保険

    店長の矢口
         

    超低金利の時代ですから、学資保険も良い選択肢だと思いますよ。

    ですが、学資保険を考える時に、忘れてはいけないことがあります。
    パパにもしもの時、毎月の保険料の払込が免除になるだけで、学資のお金が受け取れるのは、将来
    ご契約時に決めた進学時期となります。

    それまでの期間もその後も、奥様やお子さんは生活していかなければなりません
    当然、生活費がかかります。

    ちなみにですが、パパになってから保障の過不足をチェックされたことはありますか?

    男性のお客様
         

    生命保険かぁ。
    そういえば、独身の頃に契約したままだな・・・
    どんな内容だったかな(笑)

    店長の矢口
         

    せっかくの機会ですので、確認だけでもした方が良いかもしれませんね(笑)
    保険証券などございましたら、私が解説することもできますよ。

    男性のお客様
         

    あ、ちょっと探してきますね。

    (ご加入状況の解説と生命保険の基本の話などをご説明)

    ノートPC

    男性のお客様
         

    やっぱり独身時代の保険でしたね。

    店長の矢口
         

    ご家族が増えたりしたら、内容の確認だけでもしたほうが良いかもしれませんね(笑)

    結婚したり、子どもができたり、マイホームを購入した時とか、人生の節目節目で確認されることは大切です。
    それこそがんと診断されてしまうと、保障の見直しの話どころでは無くなってしまいますので。

    男性のお客様
         

    健康なうちに・・・ということなんですね。

    店長の矢口
         

    そうなんですよ。
    学資保険で保険料の払込が免除になったものの、ご主人が残してくれた生命保険は独身時代のものだった。

    残された妻子の生活費・教育費には十分な金額ではないかもしれません
    その結果、残されたご家族の生活が苦しくなり、学資保険を解約して現金化してしまう・・・。

    こんな風になってしまっては、やっぱり残念です。
    良い機会ですので奥さまのために、お子さんのためにという視点に立って、一緒に生命保険を考えてみてはいかがですか?

    男性のお客様
         

    そうですね。ぜひ、よろしくお願いします。

    店長の矢口
         

    こちらこそよろしくお願いします。

    まず、お子さんには「どんな風に育って欲しい」とか、お考えってありますか?
    いろいろと話を聞かせてください。

    男性のお客様
         

    少なくとも、やりたい道を見つけたなら、その道を歩かせてあげたいなぁ・・・

    店長の矢口
         

    そうですね。あとは・・・

    最後に

    男性のお客様
         

    考えてみたら、家計のことは妻に任せています。
    夫婦できちんと話し合わないといけませんね。

    店長の矢口
         

    そうですね。
    よろしければ、またの機会に奥さんも交えてお話しができるといいですね。

    男性のお客様
         

    妻が帰って来たら、話をしてみます。

    店長の矢口
         

    生命保険は、受取人の方含めた「ご家族」で考えられるのがベストですからね。
    また何かございましたら、メール等でお気軽にご連絡ください!

    このページの先頭へ