• 相談の雰囲気
  • 医療保険の選び方
  • 医療保険の選び方

    医療保険の選び方を教えてください

    待ち合わせ

    (待ち合わせ場所にて)

    店長の矢口
         

    佐藤さんでしょうか?

    男性のお客様
         

    佐藤です。矢口さんですね。

    店長の矢口
         

    はじめまして。生命保険代理店asimomyの矢口です。
    この度はお問い合わせ賜り、ありがとうございました。

    男性のお客様
         

    仕事帰りのこんな時間にすいません。

    店長の矢口
         

    お仕事は大丈夫ですか? 
    これから戻って仕事されるとか・・・

    男性のお客様
         

    今日は定時退勤日なので大丈夫です(笑)

    店長の矢口
         

    それは良かったです(笑)
    ここで立ち話もなんですので、すぐそこの喫茶店でいかがでしょうか?

    喫茶店

    (自己紹介・軽い雑談のあと・・・)

    店長の矢口
         

    今回はご用命頂き、ありがとうございました。

    男性のお客様
         

    ホームページを見ましたが、私もマイラーなんです(笑)
    参考:店主の趣味
    せっせとマイルを貯めて、特典航空券を狙っています!

    店長の矢口
         

    それは素晴らしいじゃないですか(笑)

    (しばらく雑談が続く・・・)

    保険に入るかは決めていませんよ

    男性のお客様
         

    それはそうと、ホームページに「保険相談だけなら、住所・電話番号の入力も不要」と書いてあったので、相談することにしました。

    契約するかは決めていませんが、それでもいいですよね?

    店長の矢口
         

    もちろんです!
    佐藤さんのご住所はもちろん、電話番号も知りません

    「今すぐ電話番号をご記入下さい」とも言いませんし、保険を考えるきっかけ役としてで構いませんので、私を活用してください。

    男性のお客様
         

    わかりました。
    生命保険なんですけれど、これまで真剣に考えたことがありません。

    そろそろ結婚したいなぁと考えているので、自分の保険について、ちょっと真面目に考えたいと。

    まずは医療保険から考えたいと思います。
    医療保険の選び方を教えて欲しいなぁと。
    ソニー生命の医療保険に限らず、全般的な話を聞かせてもらえると助かります。

    店長の矢口
         

    まずはご結婚、おめでとうございます!
    新婚旅行は、マイルを使った特典航空券ですか?(笑)

    男性のお客様
         

    いやいや(笑)
    まだ新婚旅行先はもちろん、いつ式を挙げるかさえも決まってないんですよ。
    僕と彼女だけで決めた段階なもので・・・

    店長の矢口
         

    幸せで、うらやましいです(笑)

    では、数あるリスクの中から「病気やケガをしたら大変だ」という点を中心にお話させていただきます。
    ところで、医療保険や生命保険について、結構調べられましたか?

    男性のお客様
         

    いろいろな保険会社から資料を取り寄せたものの、結局はよく分からなくて・・・。
    毎月払う金額の高い安いしか目にいきません
    保険って難しいですよね。

    店長の矢口
         

    分かりました。
    インターネットを経由してご相談頂く方は、ビックリするくらいに勉強されている方も多いんですよ。

    では、まずは知識の整理を兼ねて、基本的な話からさせて頂きますね。

    専門用語ではなく、可能な限り簡単な言葉を使うつもりですが、分からない点や気になる点があればその都度聞いてください。

    男性のお客様
         

    分かりました。

    店長の矢口
         

    そもそも・・・の話ですが「なぜ医療保険が必要なのか」と考えられたことはありますか?

    男性のお客様
         

    入院や手術をするとお金の面で大変だから・・・ですかね?

    店長の矢口
         

    そうですね。
    入院や手術で想定外の出費があると、その金額によっては夢や希望に影響が出てくるかもしれません。

    男性のお客様
         

    夢や希望?

    店長の矢口
         

    想定外の大きな出費があると、佐藤さんの場合でしたら結婚式や新婚旅行、新居選びについて影響が出るかもしれません。

    男性のお客様
         

    それは困りますね。

    店長の矢口
         

    その金銭的な影響を最小限に抑えるために、つまりリスクヘッジとして医療保険を活用するという考え方ですね。

    せめてお金の面での心配ごとは小さくし、安心して病気やケガに向き合えるようにと。

    男性のお客様
         

    文字通り、保険ということですね。

    店長の矢口
         

    そうですね。
    リスクの大きさを知れば、リスクヘッジに対する考え方も変わってきます。

    男性のお客様
         

    「まずは敵を知る」って感じですね。

    はじめの一歩は公的な保障を知ること

    店長の矢口
         

    はい。
    これから「公的な保障でこれだけ守られていますよ」という話をさせていただきます。

    それを踏まえて「足りないものって何だろう。困ることは何だろう」を一緒に考えていきましょう・・・という流れです。

    男性のお客様
         

    はい。

    店長の矢口
         

    医療保険ということですので、健康保険の制度の話は切っても切れない関係なのですが、佐藤さんは健康保険にご加入されていますか?

    男性のお客様
         

    もちろん加入しています(笑)
    勤務先の健康保険です。

    店長の矢口
         

    まずは一般的な健康保険のお話をさせて頂きます。

    (概要のご説明:対面時に分かりやすい言葉でご説明します)

    • 負担割合の話
    • 高額療養費制度の話
    • 差額ベッドや先進医療などの話
    • 傷病手当金の話等々

    パソコンと聴診器

    店長の矢口
         

    ここまでが一般的な健康保険制度の話です。
    ご加入されている健康保険組合によっては、今の話にプラスされる制度が用意されている場合もあるんですよ。

    医療保険を検討する際は、ご加入中の健康保険の諸制度について確認すると良いですよ。

    男性のお客様
         

    ちょっと待ってください。
    良い機会なので、今すぐ検索してみます(笑)
    出てくるかな・・・

    (タブレットPCを取り出し、検索)

    タブレット

    男性のお客様
         

    あ、出てきた。
    これって、どう見ればいいのですか?

    店長の矢口
         

    まず、この「付加給付」という部分をご覧ください。

    (付加給付とは何かについてのご説明)

    あくまでもこのページを読み上げただけなので、制度の詳細はご勤務先に必ず確認してくださいね。
    Webサイトの更新遅れ・誤記載という可能性もありますので。

    男性のお客様
         

    へ〜。
    つまり、1ヶ月の医療費って、実際はこんな感じで済むということですか?

    店長の矢口
         

    記載されている内容を見る限り、そのようです。
    諸制度を考慮すれば、実質的な自己負担はこんな感じですね。
    くどいようですが、先ほど申し上げた入院中の食事代や差額ベッド代などは別です。

    男性のお客様
         

    じゃあ、大部屋に入院して、健康保険が使える治療のみと仮定すれば、この金額と食事代程度が実質的な自己負担ということなのですね。

    店長の矢口
         

    はい。
    あとは、テレビを見るお金だったり、やることないので雑誌を買ったり、飲み物を買ったりと、こまごまとお金は掛かります。

    そうそう。
    数年前、私が入院して手術をした際は、T字帯。「ふんどし」みたいな物の持参が必要でした。
    手術のための全身麻酔中、尿道にアレするためです。

    その説明は事前に聞いていなかったので、麻酔から目覚めた時にすっごく驚きましたよ(笑)
    もちろんその「T字帯」は健康保険の対象外で、近所のドラッグストアで買いました。

    男性のお客様
         

    ははは(笑)

    店長の矢口
         

    転職や退職をされると健康保険も変わってしまいますし、健康保険の制度が変わる場合もありますが、現状だとこんな感じです。

    男性のお客様
         

    転職は全く考えていないですね(笑)

    店長の矢口
         

    私自身が転職した口なので(笑)
    あと、傷病手当金は・・・
    (タブレットPCを見ながら)
    ご加入中の健康保険組合だと、こんな感じの制度のようですね。
    しつこいようですが、詳細はご勤務先に確認してください。

    男性のお客様
         

    なんだか、想像以上に心強い健康保険ですね(笑)

    店長の矢口
         

    そうですね。
    このような制度を知っておくと、医療保険に対するイメージも変わってくるかもしれません。
    考えられる注意点は、後ほどご案内しますね。

    男性のお客様
         

    はい。

    短期入院・長期入院・怖い病気

    店長の矢口
         

    1ヶ月あたりの医療費の自己負担の目安は、これまでの話です。
    次はどれだけの期間、入院するのかという話です。

    厚生労働省の「患者調査」によれば、平均在院日数は短期化の傾向にあるようです。

    <ご参考まで>
    退院患者の平均在院日数(出典:厚生労働省 「患者調査」)
    平成23年(2011):32.8日 
    平成20年(2008):35.6日
    平成17年(2005):37.5日

    入院

    男性のお客様
         

    医療保険のパンフレットを見てても、そんな記載を多く見ますね。
    そういえば、何年か前に祖父が入院した時も、予想以上に短い入院だった記憶があります。

    店長の矢口
         

    周りの話を見聞きする限りだと、入院される期間は思いのほか短いですよね。

    例えばですが、手術
    身体への負担が小さな腹腔鏡手術というもので対応できると、お腹を切って開く手術に比べれば、やっぱり入院期間は短くなるようです。

    男性のお客様
         

    ああ、テレビドラマで見たことがありますね。

    店長の矢口
         

    でも、長い入院をされる人がいないかと言えば、そうでもありません。
    例えば、脳梗塞やくも膜下出血の病名を聞いたことがあると思いますが、それら脳血管の病気になると、もちろんケースバイケースですが長い入院になることもあるようです。

    <ご参考まで>
    退院患者の平均在院日数(出典:厚生労働省 平成23年(2011)「患者調査」)
    脳血管疾患:93.0日
    その内、65歳以上の方に限定すると、104.4日
    さらに、75歳以上の方に限定すると、120.5日

    頭痛

    男性のお客様
         

    脳血管の病気は怖そうですね。
    ところで、がんはどうなんですか?

    店長の矢口
         

    先ほどの「患者調査」だと、1回の平均在院日数そのものはがんでも短期化しています。

    <ご参考まで>
    退院患者の平均在院日数(出典:厚生労働省 平成23年(2011)「患者調査」)
    胃の悪性新生物:22.6日
    乳房の悪性新生物:11.8日

    男性のお客様
         

    意外な印象ですね!

    店長の矢口
         

    ですが、入退院を繰り返したり、再発や転移という可能性もある病気です。
    放射線治療や抗がん剤治療など、通院期間含めた闘病期間は長いと言わざるを得ません。
    5年生存率とか10年生存率という言葉は聞いたことありますか?

    男性のお客様
         

    テレビドラマなんかでよく聞きますよね。

    店長の矢口
         

    つまりですが、経過観察含めれば、少なくとも5年10年といった期間は病院と縁が続くことになります。
    定期的な検査の度にドキドキするでしょうし、それらも含めて考えると闘病期間は長くなりますね。

    男性のお客様
         

    だけど、1ヶ月の医療費の自己負担はさっきのあんな感じなんですよね?

    店長の矢口
         

    ご加入中の健康保険を前提にすると、先ほどのような感じです。
    でも、毎月の額が先ほどのような感じだとしても、12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月・・・と続くと、家計に与えるダメージは大きいかもしれません。

    男性のお客様
         

    今みたいに残業もできなくなるのかな・・・

    店長の矢口
         

    がんは治る時代とも言われてますが、手術をしてすぐに完治となる病気でもありません。
    それなりに長い期間、通院する可能性がある病気です。
    通院だからといって、医療費の自己負担が小さいとは言い切れません。
    高額な抗がん剤もあるようですので・・・

    長くなりましたが、こんな感じで健康保険制度を知り、その上で医療保険やがんに対する備えをどうしようか・・・という流れですね。

    検査機器

    男性のお客様
         

    なるほど。
    私の場合だと、入院給付金の額はそれほど大きくする必要はない気がするなぁ。

    店長の矢口
         

    今の健康保険の制度を前提にするのであれば、入院給付金を大きくする必要はないかもしれませんね。
    でも、私のように、なぜか転職したくなるかもしれませんので、預貯金を増やしておくなど頭の片隅には必ず残してください。

    男性のお客様
         

    はい。

    店長の矢口
         

    入院給付金の日額は、先ほどの自己負担する金額をイメージしながら考えていきます。
    そして、1回の入院について何日まで保障されるか・・・を考えることも医療保険選びには重要です。

    男性のお客様
         

    あ、60日とか120日とか、パンフレットに載ってたアレですね。

    店長の矢口
         

    それです。
    ソニー生命にも医療保険のラインナップがあります。
    弊社取扱保険会社の医療保険を含めれば、もっと多くの医療保険があります。

    どんな病気やケガでも長い入院を保障する医療保険もありますし、比較的短い入院を保障する医療保険もあります。

    他にも、がんなどの三大疾病、特定の病気に手厚い医療保険の設計も可能です。
    がん保険も加えると、もっともっと多くの選択肢に!
    パンフレットの数にすると、いっぱいです(笑)

    男性のお客様
         

    これまではパンフレットを見てもピンと来なかったけど、話を聞いたらパンフレットを見るコツが分かった気がしますね。

    店長の矢口
         

    お客様の話を伺いながら、「そのようなご意向だと、例えば、ソニー生命のこの商品をお勧めします。もしくはこちらの商品を・・・」とご提案することが私どものスタイルです。

    男性のお客様
         

    ソニー生命の具体的な保険商品の話がいつ出るのかなぁと思って聞いていたのですが、そういうことだったのですね。
    ところで、お時間は大丈夫ですか? 次の予定とか・・・

    店長の矢口
         

    私は全然大丈夫ですが、佐藤さんは?

    男性のお客様
         

    まだ独り暮らしなので、私は帰って寝るだけです(笑)
    ソニー生命ではないのですが、気になっているあの医療保険について、ちょっと教えてください。

    店長の矢口
         

    もちろん、喜んで!

    最後に

    男性のお客様
         

    今日は長い時間ありがとうございました。

    店長の矢口
         

    こちらこそ、ありがとうございました。
    また何かございましたら、メール等でお気軽にご連絡ください!

    このページの先頭へ