• asimomyの独立奮闘記
  • asimomyの独立奮闘記 第二章
  • asimomyの独立奮闘記 第二章

    第二章 道は想像以上に険しい

    自分との約束

    保険代理店と保険会社の間に「固定給」という概念はない。
    完全歩合制である。
    完全歩合制の厳しい世界に身を投じるにあたり、最初に自分自身への課題を作った。

    • 最高のアドバイザーを目指しても、売らんがための保険セールスはしない。
    • それまでの人脈・友人・親戚など、希望しない知人に保険を勧めない。
    • どんなに苦しくても、2年間は続ける。

    きちんとした保険を提案し、お客様の素敵な人生をサポートする。
    お客様本位で、誠心誠意の対応をしていけば、何とかなる。
    そのように考えていたが、実はこれが地獄の一丁目

    同期の代理店は3人

    支社内で新規に代理店事業を始めたのは、私含めて3人。
    男性は私だけで、他の2人は(私より)年上の女性。
    保険の知識だけで言えば、ファイナンシャルプランナーの勉強をしていた分、予習はバッチリ

    研修も終わり、実際の営業活動がスタートする。
    どこでどんな活動をしているのかは分からないけれど、彼女達はどんどん成績を挙げていく。
    一人の女性はスタートダッシュ賞をもらうなど飛ぶ鳥を落とす勢い。
    保険会社も一目を置くようになる。

    一方の私は、なかなか思うような成績が挙がらない。
    保険会社からの視線を痛く感じるようになった。

    成績と保険の知識は関係ないのか?
    自問自答の日々が始まる。

    自問自答の日々

    道は想像以上に険しい

    中小企業、商店街、住宅街への飛び込み。
    過去の人脈や知人等を回らなければ、行く先は見知らぬ相手に飛び込むしかない。

    ある程度の覚悟はしていたものの、営業経験もなく、会社の看板でチヤホヤ甘やかされて過ごしてきた人間にとって、想像以上に世間の風は厳しい。
    現実を目の当たりにする。

    歓迎されるはずもなく、塩を撒かれんばかりの対応の連続。
    逃げ帰る日も次第に増えていった
    いつしか、飛び込み先で勧誘トークをしている自分がいる

    自信を喪失しながらも、僅かの気力で飛び込みを続けていると、ある日保険会社から声がかかった。
    「ポスティング企画に参加しないか?」
    返信用ハガキ付きのチラシをポストに投函して、興味がある人からの連絡を待つ、そんな手法だ。
    飛び込みセールスでの精神的ダメージは、限界がすぐそこに来ていた。
    ワラをもすがる思いで参加を決意。
    当然代理店側が費用を負担する。

    悪いことをしているわけではないが、飛び込みセールス同様に、ポスティング作業に対する世間の目が厳しく感じられ、いつしか人目を避けながらの行動

    昼間の人目から逃れるため、早朝の新聞配達の時間帯にポスティング。
    確かに効率は良いが、冬の朝は寒い。
    あっという間に手が震え、全身が震える。
    チラシをうまくさばくことが出来ない。
    配り終えて布団に戻っても、震えはおさまらない
    心身ともに冬の寒さは堪えた。
    自分への不甲斐なさに涙がこぼれた。
    ネガティブ思考が心の大部分を覆っていた。

    店主の趣味にも記載ある頃の話。

    ポスティング経由で資料を請求してくれた方へ「資料をお送りしますね」「資料はご覧頂けましたか?」「何かご不明な点はありませんか?」と電話をしても、その応答は皆さんの想像と大きく変わらないはずである。

    私自身、いつしか 電話することも怖くなっていた

    妻にも相談できず、私の精神の状態は限界へ達する。

    冬の街

    ノイローゼ直前。
    多分、直前じゃなかったかもしれない。

    「こんなことをするために、会社を辞め、この仕事を始めたのだろうか・・・」
    いいや、違う。
    各人に最適な保障を提案し、お客さんから頼りにされ必要とされる、保険のプロになるためだ。
    わずか数ヶ月前。自信に満ち溢れ、理想に燃えていた私の姿はなかった。

    いつの間にか、売らんがための「保険セールス」をしている自分がいた・・・
    理想とは逆の自分。

    収入は、学生時代のバイト代以下
    開業して1年が経過しようとしたとき、真剣に考えた。

    もう辞めるしかないか・・・

    もう足を洗おうか・・・

    お客さんの立場に立ち、自分自身や家族のように真剣に考え、保険を提案する仕事は大好きだ。
    誇りを持って取り組める仕事であると思っている。
    卑屈になる必要は無い。
    だけど話を聞いてもらう人がいない。
    聞いてもらう人を探すために、いつしか卑屈になっていく。
    極めて悪循環。

    限界まで悩み、廃業の言葉を意識したとき、「矢口に任せるよ」と言って契約を頂いた前会社関係者の方々の顔、快く送って頂いた多くの人たちの顔が浮かんできた。
    「あと1年。もう一度、真剣に取り組んでみよう。それでダメなら・・・」

    妻の収入もあったことから、ギリギリの生活はできていた。
    でも、一生守ると決めた妻に、長い期間頼るわけにはいかない。
    激変した生活に、文句のひとつも言わない妻のためにも、最後にもう一度頑張ろう。

    私を信頼してご加入頂いたお客様を裏切ることもできないので、もう一度頑張ろう

    自分自身に再び誓った。

    • 最高のアドバイザーを目指しても、売らんがための保険セールスはしない。
    • それまでの人脈・友人・親戚など、希望しない知人に保険を勧めない。
    • どんなに苦しくても、2年間は続ける。

    このページの先頭へ