ソニー生命 トップ画像

店主の趣味

あれは、寒い冬の日だった・・・

店主の趣味の話です。 asimomyの独立奮闘記に掲載の時期と同じ頃の話からスタートし、表裏一体のような感じで今に至ります。

南の島へ

数年前の、冬の寒い日のこと。

冬の日

「のんびり、南の島でも行きたいな・・・」

南の島

私がつぶやいたひと言に、妻が反応しました。

「そうだね~
でも、今はそんな余裕は無いよね・・・」

お金がない

ため息混じりに、その会話は終了しました。
当時、保険代理店を開業したての頃です。
収入は学生時代のバイト代以下という極貧状態
参考:当時のことはasimomyの独立奮闘記にも。後ほどご覧ください。
サラリーマン時代は毎年1~2回、気軽に行っていた海外が遠くに感じました。

朗報

ため息ばかりの生活の中、ある方法に出会いました。
「これなら収入が少ない我が家でも海外へ行けるよ!」 夫婦、手を取り合って喜びました(チト気が早い)

あの冬の寒い日から数年が経った、2006年1月に夢が実現しました。

2006年グアム
2006年グアム

2009年グアム
2009年グアム

2010年グアム
2010年グアム

2012年グアム
2012年グアム

2013年グアム
2013年グアム

2014年グアム
2014年グアム

それぞれ7泊8日以上の家族旅行を楽しむことができました。

2人の息子が小学生に成長した2014年。
夏のお盆休みの時期に14日間のグアム旅行。
(妻子のみ先行、私は後半に合流)
お盆時期の旅費は、繁忙期価格です。

繁忙期価格での家族旅行なんて、我が家にとっては高嶺の花。
我が家には、どんなに手を伸ばしても届かない繁忙期価格のグアム・・・

格安で行くグアム旅行。
日ごろ遊んでやれない息子たちと、充実の時間が過ごせました。
親離れをする前の、(私にとっては貴重な幼少時期の)息子たちと楽しめました。

一般的なサラリーマン家庭とは異なり、ボーナスでドーンと支出する消費行動は、今の我が家にはありません。
家族旅行といえども、大きな支出をする余裕なんて、本当にありません

上記のグアム旅行で往復の旅費+宿泊費の費用は・・・
大きな声では言えないので、小さい字で書きます。
多くのご家族が行かれる国内旅行より少なかったかも・・・です。
格安でした。

小銭

そのある方法というのは、特別すごいノウハウの塊ではありません。
(極めようと思えば奥は深いです)
ちょっとした工夫をしながら、毎日普通に生活するだけ。 
簡単です。

先が見えなかった暗黒時代

話を戻します。
店主の私 矢口 泰由は、保険の仕事を始める前はメーカーに勤務していました。
(メーカー勤務の私が保険業界にきた経緯はasimomyの独立奮闘記をご覧下さい)

当時、失われた10年と呼ばれていた時代です。

人員削減、残業代のカット、ボーナスカット、 果てはボーナスの現物支給・・・
そんな新聞記事を毎日目にした時代です。

それでも勤務先に行っていれば、毎月安定したお給料をもらえ、夏と冬にはボーナスがもらえました。
有給も取りやすく、オフシーズンの海外旅行が当たり前。
夫婦2人に格安3LDKの社宅。
それなりに優雅な生活。

でも、思うところがあって脱サラをした後は、状況が一変。
定期的にお金が振り込まれる安定した生活から、
収入は学生時代のバイト代以下という生活へ。

節約・家計の見直しを地で行く毎日に突入です。

贅沢はできない

節約だ!
保険代理店の仕事をするにあたり、出費(経費)はそれなりにあります。

他にも、それまでは給与よりいわゆる天引きされていた健康保険・年金・住民税などの請求額に、目がクラクラしていました。

会社員時代に作った貯蓄はどんどん減っていきます。
収入が増える見通しは全くない・・・
自分で選んだ道は一寸先は闇という恐怖の毎日でした。
先が見えなかった暗黒時代。

将来を見据えて生命保険を提案する立場の者が、将来を見通せない悲しさ。

そして、自分で生命保険を仕事として取り扱っているのに、自分が契約している、毎月の保険料ですら満足に払えない悲しさ

生命保険を提案する過程でご説明を欠かすことができない健康保険制度や年金制度について、当の本人がその支払いに四苦八苦している悲しさ。

思い出すだけで涙が出てくるので、この辺で止めときますが、その時期のことは、今現在お客様とお話をさせて頂く上で、すごく有益な経験になっています。
人生という道は平坦ではないこと、身をもって体験しました。

戻ります。
ものすごく乾燥していた、乾いていたあの冬の日

泣く

ゼイタクは敵だ~と節約・倹約の毎日で・・・それでも・・・いや、それだからこそ

「のんびり、南の島でも行きたいね~」
と口からこぼれ、その実現を夢見る日々がいつしかスタートしました。
「お金が無いから行けっこない。夢を見ることすらしない。」
そのように結論付けるのは簡単でした。

明るい光

でも、店主の矢口、しつこく考えました。
お客様の夢の実現を応援するのがファイナンシャルプランナーです。
自分の夢すら実現できないのに、お客様の夢の実現だなんて、笑い話でしかありません。
参考:ライフプランってなに?

やったー

そうだ、無料で航空券をもらえばいいじゃん!
海外のホテル、多くはルームチャージ制。
1人でも2人でも、宿泊代は変わらない。
安い海外旅行を実現するためには、航空券のコストを抑えればカンタン!なのです。
(宿泊代を抑えるノウハウも蓄積中です)

いたってシンプルな結論です。

飛行機

航空会社のマイレージに目を付けたのでした。 マイル・ポイントの記事、雑誌や本・新聞などでたくさんみかけるアレです。

クレジットカードを日々の生活で使いこなす。
ただ、それだけ。
普通に生活するだけで、家族で海外旅行ができるようになったのです。
(近場ではありますが)

仕事がうまくいかず、お金が無い
お金が無い分、イライラだけは増える・・・
当然のように、お金が原因で夫婦喧嘩も!
夫婦の楽しい会話も、明るい笑顔も、いつしか家庭の中から消え失せていました。

こんな生活を夢見ていたのではない!
お金はなくても、笑顔だけは忘れない、そんな家庭だけは守りたかった・・・

脱サラ直後の現実でした。

無間地獄のような暗い毎日でも、楽しい目標をひとつ設定するだけで変わりました。
夫婦の会話も「今月のお金どうする・・・」
そんな後ろ向きな話題が、未来の楽しい話題へと変わりました。

パスポート

節約も我慢できる

「現地で遊ぶためのお金だから!」と思えば、更なる厳しい節約・倹約生活も我慢できました
薄暗く見えていた街の景色は、明るい風景に変わり、モチベーションが上がりました
仕事をはじめ、毎日の生活が何となく楽しくなってきました

投げ出したくなる毎日の生活が変わり、生きることに張りが出てきました。

収入を増やすことは、簡単なことではありません。
asimomyの独立奮闘記にも書きましたが、お金を稼ぐことは厳しいの一言。
支出を減らすにも、限界があります。
「マイルを貯めよう」と支出を増やす、そんな本末転倒なことをするお金は全くありませんでした。

「クレジットカードを日々の生活で使いこなして海外へ行こう!」
こんな目標を決めただけ(←これ、重要です)で、毎日が楽しくなりました。
目標、つまりファイナンシャルゴール(のひとつ)ですね。

マイルを貯めて海外旅行?どうせ無理無理!
当時、何事も試そうともせず、新しいアイデアを鼻で笑う人がいました。

「マスコミに踊らされているんだよ!!」

最初は、私もそんな風に思っていました。
無料で航空券をもらおうだなんて、正気の沙汰ではない・・・
でも・・・ 意識して、行動したら夢が実現しました。
ちょっとした行動の工夫で、家族旅行の航空券をゲット
これをお得といわず、何をお得というのでしょうか!

これが趣味!

これらが店主の趣味です。
「海外旅行が趣味?」
いいえ、違います。
店主の趣味はこれです。

JMB

趣味は、某航空会社のマイルを貯めること!

マイルを貯め始めようと思ってから、10年以上の時間が経過しました。
趣味と呼べるレベルまで、頑張りました。
家族から歓迎されている趣味です。

家族と旅行をすることも楽しいけれど、マイルを貯めることはもっと楽しいかも(笑)

よくあるご質問。
「仕事で飛行機乗りまくってるんじゃないの?」

いえいえ。
ここ数年、飛行機はプライベートな旅行でしか乗っておりません。
仕事でお伺いするエリアは、原則として東京・千葉・神奈川・埼玉としていることもあって、仕事では飛行機に乗りません。
主に「クレジットカード」を使ってマイルを貯めているだけです。

「よく聞く話だけど、そんなに貯まるわけないじゃん!」

貯めようと思えば、結構貯まるものです。
貯めようと思って貯めるか、思わないかの違いだけです。

「なんか面倒臭そうだな・・・」と調べてトライする前に諦めてくれる方が多いことで、我が家が格安で旅行に行けるのも事実なんですけどね(笑)

分かれ道

私が主に使っているクレジットカード(以下クレカ)は、100円の利用で1マイル付与されます。
「千里の道も一歩から」の言葉通り、コツコツとクレカ生活を続けるだけです。

クレカ決済できないもの以外はクレカ決済をするだけ!

ちょっと具体的に

少しだけ具体的なお話を。
皆さんは毎月の支出額をイメージしながら、統計値を一緒にご覧下さい。

家計調査
家計支出 (出典:総務省 平成26年(2014)「家計調査」)

店主の矢口が住んでいる東京都を例にすると、ざっくりと上記の表 色をつけた部分はクレカ払いにできると思います。

  • 食料
  • 光熱・水道:電気、ガス、水道はクレカ扱いできます(東京都)
  • 家具・家事用品
  • 被服・履物
  • 交通・通信:固定電話、携帯電話、インターネット環境、Suica等々クレカ扱いできます

これらを合計すると、30歳代のご家庭なら毎月約14万円。年間約166万円。

「100円の決済で1マイル」で試算すると、なんと年間16,600マイルにもなります。
ご夫婦の2人ならソウルなら2年に1度上海や香港・グアムなら3年に1度くらい旅行できそうなマイルになります。
※店主の矢口が貯めている航空会社の場合。ソウル:15,000マイル/人。上海、香港、グアム:20,000マイル/人。ともにエコノミークラス。

ご家族とのグアム旅行、楽しそうじゃないですか?

グアム

どちらが得か

毎年約166万円を使う「Aさん夫婦」と「Bさん夫婦」を比べると・・・

Aさん夫婦

Aさん夫婦
いつもニコニコ現金払いをモットーに日々生活。
3年に1度、貯めたお金で海外旅行をする。
Aさん夫婦「損をしているつもりは無い


Bさん夫婦

Bさん夫婦
クレカ決済できない物以外はクレカ決済を心掛けて日々生活。
3年に1度、特典航空券を使って格安に海外旅行をする。
Bさん夫婦「得をしている気がする

同じような収入で、同じようなお金を使って、同じように人生を楽しむ。
Aさん夫婦とBさん夫婦を比べても、将来の預貯金額は変わってくるかもしれませんね。
店主の矢口は、Bさん夫婦の考え方に近く、お得感を持ってクレカを利用しています。

店主の矢口はマイルとして貯め特典航空券として使い、家族の思い出旅行の足しにしています。
息子の小学○年生の夏休みは、たった1回しかありませんから・・・

特典航空券ではなく電子マネーや商品券等と交換できるクレジットカードもあります。

趣味と書く位なので、もちろん小技も用意しているのですが、ただの生活防衛です。
「お金のことを気にせず、普通に旅行がしたい」
本音ではそう思っている店主の矢口です。
というか、意地になってマイルを貯めていたりする自分もいます(笑)

1%に笑うものは、1%に泣く?

たかが1%の還元と笑うなかれ。
普通預金の利息と比べれば、1%の大きさが分かるはずです。
クレカで決済するだけ。運用失敗による元本割れのリスクはありません。

1円たりとも無駄なお金は使いたくない。
弊社はライフプラニングを通じ、そのように考えている皆さんの生活を応援しています。
皆さんと「趣味」の雑談ができる日が楽しみです。

ソニー生命に保険相談をする
サブコンテンツ

ソニー生命 代理店asimomy 店主のひと言コメント

  • ソニー生命 代理店asimomy 相談の雰囲気【学資保険の選び方】

    学資保険用赤ちゃんの写真

    「子どもができたら学資保険だよね!」とお客様からご指名をいただくケースも多いです。
    お子様の将来の希望について、パパ・ママのお話を聞かせてくださいね。

    学資保険は、提案する我々もお客様からハッピーを分けてもらえ、とても嬉しい気持ちになれる商品です。

  • ソニー生命 代理店asimomy 相談の雰囲気【働けなくなるのが心配】

    車いす

    「病気やケガで働けなくなることが心配だ」とお考えになる方が最近増えています。
    健康保険制度や障害年金の制度などの公的な保障制度をご説明しますので、その不安についてソニー生命 代理店asimomyと一緒に考えませんか。

  • ソニー生命 代理店asimomy 相談の雰囲気【パパの生命保険】

    例えば「私に万一の際でも、子の教育費と家族の生活費は、給料に代えて毎月家族へ届けたい」とお考えになる方には、そのご意向に沿った商品もご用意しております。

    「天国に行っても、家族の生活を守りたい」と考えるそのお気持ち。
    ソニー生命 代理店asimomyは、そのお気持ちを大切にして生命保険を提案しています。

ソニー生命の公式サイトではありません

●ソニー生命の公式サイトではありません。ソニー生命を取り扱う募集代理店(株)asimomyのWEBサイトです。
●閲覧対象者を日本国内に限ります。 また、サポートできる地域は、主に関東地区です。
●当ウェブサイトは、いくつかの外部サイトへリンクされている場合がありますが、リンク先の内容について責任を負うものではありません。

このページの先頭へ